プラステンアップを飲むなら12歳から18歳までが理想という2つの理由

中学生、高校生に特化した身長サプリのプラステンアップですが、小学生が飲んでもいいし、もちろん20歳を過ぎても、30歳以上の親が一緒飲んでも問題ありません。

公式サイトには推奨年齢は書いてないし、アミノ酸、ビタミンなどを補給するサプリとしては十分です。

ただ、身長アップの効果を期待するなら12歳から18歳までのが良いと思いますよ。

 

その大きな2つの理由を簡単に説明しますね。

プラステンアップは12歳からが良いという理由

身長サプリは色々ありますね。

プラステンアップのようにアミノ酸を主成分としたサプリから、カルシウムの比率が高いサプリまで。

基本的には各身長サプリは飲む人の年齢を基準に栄養素とその量を調整しています。

 

だから、もし12歳未満の小学生がプラステンアップを飲んだから摂取したアミノ酸を消化しきれずに体外に排出されてしまう可能性があります。

また、もしかしたら下痢しちゃう可能性も。。。

参考:プラステンアップの効果と副作用を徹底レポート!高1男子の6か月実践記録

出来るなら12歳未満の子は小学生用のセノビックやアスミールなどのサプリの方が体には安心です。

参考記事:プラステンアップとセノビッを3つの視点で徹底比較 

参考記事:プラステンアップとアスミールを4つの視点で徹底比較

 

逆に、中学生や高校生がセノビックやアスミールなどのサプリを飲んでも、身長アップに必要な栄養素が不足してる可能性があるのであまりおススメできません。

 

今は幼児、小学生、中学生など人の体の発育に合わせて企業ベストなサプリを開発してます。

幼児の体の成長に必要なこと、小学生の体の成長に必要なこと、中学生や高校生の体の成長に必要なこと、これらによって成分の種類は配合比率が変わってきます。

ベストな効果を発揮させるためにもそれぞれの年齢に合ったサプリを摂ることが無難ですね。

中学、高校生に特化してる理由は?プラステンアップ公式サイト

プラステンアップは18歳までという理由

プラステンアップは成長ホルモンの分泌を促進するアミノ酸、そして体の成長に必要な骨、筋肉の形成に必要な栄養素が含まれています。

その意味で、大人になってからでもプラステンアップを栄養補助食品として摂取するのは健康維持などのためにはいいですが、身長アップという意味ではあまり期待できません。

もちろん18歳以上でも身長が伸びるケースもあるし、25歳まではまだ可能性があると言われてます。

 

ただ、日本人はほぼ18歳で身長は止まります。

それは色々な説がありますが、いま有力とされてるのは骨端線が閉じてしまうからという説。

 

骨端線は骨と骨のつなぎとしてある軟骨部分で、身長が伸びるときは骨端線が伸びていきます。

また身長が伸びる過程で起こる成長痛も骨端線の急激な伸びが原因といわれてます。

 

ただ、この骨端線はいつまでもあるわけではなくて18歳を目安にほとんどの人は閉じてしまうんですね。

だからプラステンアップも高校生の成長のラストスパートと言ってるように、高校を卒業する18歳ではあまり期待が出来ないということなんですね。

 

私の周りでも17歳くらいまでぐんぐん伸びていってる子もいたけど、18歳を過ぎてからも伸び続ける子はいませんでした。

 

高校生になるとバイトをしたり、自分の好きに使えるお小遣いが増えてきます。

でも、

背が低いまま夜遊びを覚えてしまって睡眠時間が短い、

背が低いままお菓子を食べてご飯が少ない、

こんな子は身長がアップする可能性は低いのでは?と思います。

 

もしかしたら18歳を過ぎてから延びるかもしれませんが、19歳20歳になってから「あの時もう少しできることをしておけば…」と後悔しないようで今できることを出来る範囲で実践してくださいね。



コメントは受け付けていません。