高校生が身長を伸ばすために必要な3つの重要事項!

小学校の時に身長はグッと伸びたけど、中学校に入ってから伸び悩んで

「でも、もうすぐ伸びるでしょ…」

と思っていたら思ったように身長が伸びなくて高校生になってしまった…。

ご存知かもしれませんが、日本人の身長は基本的に18歳で止まるといわれていてるので、高校1年生2年生くらいになると少し焦りも感じるかと思います。

 

スポーツをしている子なら身長が伸びればもっと活躍の場が広がるし、

スポーツはもうやっていなくてももう少し身長を伸ばしてあげたいという親の気持ち、そしてお子さんの気持ちはあるのはよくわかります。

 

でも、この時期の努力で一気に1年で10センチ以上伸びることもあるのであきらめないでくださいね。

今、身長が伸び悩んでいる高校生が身長を伸ばすために必要なのは栄養、運動、睡眠の3つ。

身長が伸びなくて悩んでいるならこの3つのどれかをおろそかにしていると、身長が低いままとほぼ断言できます。

 

戦後から60年間で仁保人の平均身長が約10センチもアップしてることから遺伝はほとんど関係ないんです。

 

身長アップにつながる栄養を意識的に!特にアルギニンなどのアミノ酸!

私もずっと勘違いしてましたが、「成長期の子供の身長を伸ばすにはカルシウムがいい」というのは違っていて、カルシウムは骨を強くしてくれるんですが、身長のアップには直接関係ありません。

 

身長のアップでは普段の食事ではたんぱく質!

そして、たんぱく質から分解されるアミノ酸が背を伸ばしてくれます。

戦後から60年間で平均身長が10センチもアップしたのは、日本人の食生活に含まれるアルギニンの量が大きな要素だといわれてます。

参考:身長を伸ばす?!アルギニンの1日の摂取量と気になる副作用

特に高校生の頃に身長を一気に伸ばす要因は成長ホルモンです。

成長ホルモンは体のあらゆる機能をコントロールする作用がって、特に高校生の身長を伸ばすには欠かせません。

 

この成長ホルモンは脳下垂体から分泌される物質なので脳に障害がある場合は分泌が少なくなる又は止まってしまうんですが、通常の場合は栄養によって分泌が活発になります。

 

特にアルギニンというアミノ酸はこの成長ホルモンの分泌を活発にするということで、今は中学生や高校生の身長アップには欠かせない栄養素として注目されています。

ちなみに、アルギニンの成長ホルモンの分泌作用は大人の筋トレ効果を高める目的でもサプリとしても利用されてるし、様々な医療の現場でも活躍してるし、身長サプリとしても利用されてます。

参考:アルギニンをはじめとするプラステンアップの成分の3つの特徴

 

お子さんの背を伸ばすために、日ごろの食生活で十分にアルギニンを摂取できなかった可能性があるかもしれませんよ。

 

ただし、同じ量のご飯を食べても身長がアップする子もいれば、中々アップしない子だっているので、「一生懸命ご飯を作ってるのに…」と気分を悪くしないでくださいね。

 

日頃の食生活では十分に体に吸収しにくい子もたくさんいるということです。

その場合は、アルギニンの吸収効率が良くなるように配合された身長アップのサプリなどを試すのがいいですね。

 

もちろん、お菓子を隠れて食べて食事をおろそかにするということはあってはなりませんけどね!

プラステンアップの効果と副作用を徹底レポート!高1男子の6か月実践記録

身長を伸ばすために効果的な運動!

身長を伸ばすためには運動も必要です。

その理由はやっぱり成長ホルモンと関係していて、運動することで特に成長期の子は成長ホルモンが分泌されやすくなるからです。

 

とはいっても、部活やクラブでハードなスポーツをしていると身長アップに必要な栄養をトレーニングの最中に消費してしまうかのせいもあります。

 

だからといって、ハードに運動してはいけないという意味ではありません。

ハードに練習するなら人よりも食べる量を多くしないといけないということです。

 

ジュニアクラブチームなどでは今後のトップアスリートに向けての栄養指導なども行われてますが、学校の部活ではそこまでの指導はなかなかないですからね。

 

まぁ基本的に中学生や高校生でハードに運動している子は食べる量もかなりのもんです。

それほど心配する必要はないかと思いますが、まだ身長が伸びないのであれば体が吸収できてる量が足りないのかもしれません。

その場合はプロテインもいいですね。

筋肉を作るたんぱく質を集中的に摂取できますよ。

もちろん、そのたんぱく質は分解されてアルギニンになるので身長アップにも筋肉にもおすすめです。

 

中にはプロテインと一緒に身長アップ用のアルギニンサプリを一緒に飲んで一気に15センチ伸ばした子もいるようです。

 

一方、運動不足の子。

高校生になってから運動をやめてしまったとか色々あると思います。

 

基本的に高校生は運動部に入っていなくてもバイトやら、自転車通学などで結構なエネルギー消費をしているので問題ないと思いますが、バイトもしてなくて通学も電車がバスで身長が伸びずに体重が増えてしまっている。。。

 

こんな場合は栄養をしっかり取っても成長ホルモンが分泌されずに脂肪になって蓄積されてしまっているので、軽くてもいいので運動してください。

自転車通学するとかジョギングするとかなんでもいいですよ。

参考:高校生が身長を伸ばすための運動で抑えるべき3つのポイント

 

ぐっすり睡眠

高校生で身長をアップさせるために必要な3つの要素の最後は睡眠です。

 

今、しっかりと睡眠をしてるなら問題ありません。

栄養や運動を見直すことで一気に背が伸びる可能性が大いにあります。

 

この時期の睡眠時間は8~9時間は欲しいですね。

週でいえば56時間から63時間です。

成長ホルモンは寝てる間、つまり脳がリラックスしている間に分泌されます。

 

また、成長ホルモンは23時から2時に活発に分泌される傾向にあるので、22時から23時には寝て8時ころ起きる生活をするのもおススメです。

 

あるプロスポーツ選手で背が小さい人がいるんですが、その選手の身長は自分が身長が伸びなかった原因がわかっているといいます。

 

それは夜遊び。

 

高校生の頃にちょっとやんちゃで元気な子は徹夜しても平気だし、夜遊びを覚えてしまうこともあります。

夜遊びしても翌日にまたハイパフォーマンスを発揮できるのだから凄いんですが…、残念なことに身長が伸びる可能性を自分で狭くしてしまっているんですね。

 

まとめ

ということで、高校生から身長を伸ばすために必要な以下3つのことをお伝えしました。

  1. 栄養
  2. 運動
  3. 睡眠

中でもやっぱり栄養は一番大きなカギを握っているといいます。

今これを読んでくれてるあなた、またはあなたのお子さんがどれか改善の余地があるのであれば出来るところからしっかりと改善してください。

 

ラストスパートする期間がわずかだったら、その期間だけでも真剣に取り組んでくださいね。大人になってから後悔しないように!

中学生、高校生の身長サプリで有名!プラステンアップ公式サイト

コメントは受け付けていません。