18歳だと身長はもう伸びないという説の嘘と真実

日本人の身長の伸び率は10歳前後をピークにして、18歳ではほぼ伸びないと言われてます。

残念ながらこの説によれば、今18歳になり思うように身長が伸びないあなたはもう諦めるしかありません。

 

ただ、ケースとしてはあまりありませんが20歳を過ぎても身長が伸び続ける子もいるのは事実。

 

では、どうして18歳になると身長はもう伸びないと言われているのか?

18歳を過ぎてからでも身長が伸びる可能性はあるのか?

そしてその方法は?

 

18歳で骨端線が閉じる例外として25歳まで閉じない場合もある

「18歳になると身長が伸びなくなる」と言われている理由は骨端線にあります。

骨端線というのは骨端線といわれる骨と骨をつなぐ軟骨の部分を指します。

そして身長が伸びる現象というのはこの骨端線が伸びる現象からくるんですね。

小学校高学年から中学生でよくある成長痛というのはこの骨端線の伸びに周りの骨や筋肉が追い付かなくて炎症を起こす現象をいいます。

 

私の息子は遅いんですが、高校1年の途中からこの成長痛でもがいてました。

成長期にはこの骨端線が急激に伸びる現象が起きて、結果として身長が伸びます。

 

ただ、ほとんどの人は18歳になるとこの骨端線が閉じてしまうんです・・・。

 

そうなるといくら背を伸ばすために良いことを努力しても身長は全く伸びなくなるという結果になるんですね。

もちろん、0.5cm~1cm程度であれば大人になっても伸び縮みするんですが、成長期のような10センチレベルの成長は見込めないというのが現実です。

 

ただ、この骨端線ですが20歳を過ぎても閉じないでいるケースもあるんです。

生きてる限り永久に骨端線が残てるわけじゃなくて、今判明してる事例ではどんなに長くても25歳まで。

 

ということで、ほとんどの人は18歳で身長の伸びが止まるんですが、例外的に25歳まで伸びる要素がある人はいるってことです。

骨端線はレントゲンでチェックできます

今これを読んでるあなたが18歳を過ぎてるのか、または18歳に近い年齢になっているのか?

 

「まだ骨端線は残ってるのかな?」と気になったら整形外科でレントゲンを撮ってもらえばほとんどわかります。

 

とあるJリーグのジュニアチームでは中学生のころにレントゲン撮影して

骨端線がどれくらい残っているのかで将来の身長を予想しています。

 

もしかしたら

 

「もう身長が伸びる可能性はほとんどないです」

になるか…

「まだ残ってるから大丈夫ですよ!」

と言われるかもしれませんよ!

 

ということで、気になるなら骨端線が残ってるのかを確認して、まだ残っているようであれば身長が伸びるのに良いことを実践してくださいね。

 

18差までだったら1年で10センチ以上も普通という説

18歳までだったら1年で10センチ以上は普通という説は、この骨端線が残っている限りどんでん返しがあり得るということです。

私の息子も15歳から栄養に注意するようになって一気に伸びて、もうすぐ170センチを超します。

プラステンアップの効果と副作用を徹底レポート!高1男子の6か月実践記録

プラステンアップという身長サプリを飲み続けた結果のレポートですが、実際には成長期が来てサプリの果たした役割は小さかったかもしれませんが、時期的に同じだったので結果オーライなのかな?

 

そういえば私の高校時代、私の学校は1年から3年までクラス替えがなくずっと同じクラスメイトだったんですが、入学したときは小さかったのに卒業するころにはクラスで一番大きくなった子がいました。

 

極端な例ですが、他にもかなり身長が大きくなった子は結構いました。

ただ、高校を卒業してからは見た感じで身長が伸びたような人は男子も女子も皆無でしたね。

 

筋トレして体格が良くなった人は周りにもたくさんいましたが。

 

骨端線が残ってる間に出来ることをしよう!

ということで、骨端線が残ってるときに出来ることをしましょう!

今はネットが普及してるので身長を伸ばすために良い情報がたくさんあります。

 

中には胡散臭い方法もありますが、栄養、睡眠、運動、これは基本です。

高校生が身長を伸ばすために必要な3つの重要事項!

骨端線が残ってるときに成長ホルモンを分泌することで、一気に身長が伸びることはよくあります。

 

成長ホルモン自体は骨端線が閉じてしまった後でも分泌されますが、身長を伸ばす作用が起きるのは骨端線が残ってる時だけです!

今は医療も発達していて、クリニックによっては成長ホルモンを直接注射したりすることもあるようです。

もしかして治療が必要?身長が伸びない8つの原因

 

成長ホルモンをたくさん分泌するためには、アルギニンが良くて食事ではたんぱく質を意識的に摂取してください。

普段の食事では足りないこともあるかもしれないし、体が上手く吸収してくれない可能性もありますが、今はアルギニンの吸収を高め、身長を伸ばすためのサプリも販売されてるので試してみてもいいかもしれませんね。



また、寝る子は育つと昔から言われてるように成長ホルモンの分泌は寝ることも大切です。

たくさん栄養をとってたくさん寝て、適度に運動をするという、要するに若者らしい生活ということですかね。