高校生が身長を伸ばすための運動で抑えるべき3つのポイント

身長を伸ばすのに必要なことは栄養を筆頭として、睡眠、そして運動があります。

今回は「運動」について、高校生が身長を伸ばすためになぜ運動が必要なのか、そして運動をする際の注意事項としてやってはいけない運動、身長を伸ばすためにおススメのスポーツなどを紹介します。

既に運動部やクラブでスポーツをしているのであればそのままで構いませんが、今高校生で身長が低くて、運動部に入ってない場合は参考にしていただけると幸いです。

 

運動が身長を伸ばす理由

身長を伸ばすのは成長ホルモンの分泌によって骨と骨の間にある骨端線という軟骨部分が伸びる現象です。

 

そして、成長ホルモンは運動をすることでより活発に分泌されるという特徴があります。

 

絶対的な数値はありませんが、運動を20分程度以上持続すると成長ホルモンが運動終了後3,4時間にわたって分泌され続ける性質があるといわれてます。

 

ということで、成長ホルモンの分泌を促すというのが運動が身長を伸ばす理由の1つです。

 

また、昔から「バスケ部やバレー部は身長が高くなる」とか「体操部は筋肉がつき過ぎて身長が伸びなくなる」ということが言われてきましたが、これは全くその通りというわけではありませんが、ある意味本当です。

 

運動が身長アップに効果があるといわれてるもう一つの理由は骨端線を刺激するからです。

ジャンプしたり着地したりすることで骨端線に刺激を与えることは成長ホルモンの作用と合わせて身長が伸びやすくなると言われてます。

ただ、骨端線は18歳ころに閉じてしまうのに注意してくださいね

参考:18歳だと身長はもう伸びないという説の嘘と真実

体操部だってジャンプ、着地しますので体操をしたら身長が低いままというのは迷信でしょう。

体操部だって身長が高い子はいますからね!

身長を伸ばすために激しい運動がNGな理由

身長を伸ばすためには激しすぎる運動はNGです。

激しすぎる運動というのはその子の体力に依存するのでどこからが激しいという線引きは難しいですね。

 

激しい運動が身長を伸ばすためには向いてないというのは、

翌日まで引きずるくらい疲れ果ててしまったり、頻繁に筋肉痛になるくらいの運動という意味です。

 

部活でも最初はきついと感じても慣れてくると疲れもそこまで引きずらないし、筋肉痛も最初だけっという場合がほとんどだと思いますが、この場合は大丈夫です。

 

要するに体力の回復や、筋肉の修復に身長を伸ばすために必要な栄養が使われないようにすることが大切ということなんですね。

 

また、高校生の時期にむやみに筋トレ、つまり正しいフォームを知らないまま筋トレするのは身長を伸ばしたいならやめた方がいいですよ。

関節を痛めて骨端線が伸びるのを邪魔してしまう可能性もあるし、筋肉へ負荷がかかるので常に筋肉の修復にたんぱく質を中心とした栄養が奪われてしまうので。

 

もちろん、ハードにスポーツをしても身長が高い子もいるので絶対NGというわけじゃないんですが、激しく運動して滅茶苦茶食べ、プロテインやサプリも飲んで回復するというサイクルがあったら大丈夫かもしれません。

 

要するに疲労の回復が追い付かないレベルの運動は身長を伸ばすためには良くないということです。

家の息子は高校生になっても部活をやりながら、身長サプリを飲んで身長を一気に伸ばしました。

プラステンアップの効果と副作用を徹底レポート!高1男子の6か月実践記録

 

余談ですが、私が通っていた高校はスポーツが強くてほとんどの男子が運動部へ所属してましたが、みんな大きかったです。

ただ、ラグビー部の男子は大きいこと背が小さいまま筋肉でゴツゴツの体の子の2パターンに分かれてました。

 

高校生が身長を伸ばすための運動

以前、自分の息子の身長がいつまでたっても伸びない時に私はよくネットで身長を伸ばすための運動を調べてましたが、ストレッチが多いですね。

 

ストレッチは筋肉を柔らかくして身長が伸びやすくする、骨端線が伸びても成長痛になりにくいというのはあるかもしれませんが、ダイレクトに身長が伸びるわけでもありませんよ。

 

もちろん、筋肉が伸びたため1センチほど身長が伸びたとか、姿勢が悪かったのをストレッチで矯正して数センチ身長が伸びる、こんなことはあるかもしれません。

 

身長を伸ばすための運動は、

  • 20分以上行うこと(成長ホルモンの分泌が出てくるのは運動してから20分前後なので)
  • 休めば当日に疲れが抜ける程度であること

この2点を守っていれば何でもいいです。

 

基本的にはジョギング、スイミングなどの有酸素運動が最適です。

縄跳びも骨端線に刺激を与えつつ、体を痛める心配が少ないのでおススメですよ。

 

また、女子だったら(もちろん男子も)ヨガが最適ですね。

しっかりやると結構ハードなスポーツですが、疲れを残さないしスタイルも抜群になるので。

 

また、運動をする時間帯は筋肉がまだ硬い状態の朝よりも、筋肉もほぐれて交感神経も上がってきている夕方の方がいいですよ。

コメントは受け付けていません。